2018年1月19日 (金)

寒風の中の高所作業

Dscf4301
 
 周りは田園風景です。
その真っ只中、新幹線が風音を立てて飛び交います。
微かにカンカラカンと金属音が響きます。
な、何が起こった?、と周りを見渡しますが何も見えません。
更にキョロキョロ、やっと見つけました。
Dscf4299遥か上空に人の集団が。
誰にも見向かれる事もなく、この寒空で高所の恐怖に耐えながら、 こんなお仕事をされている方がいるなんて、感謝しなければなりません。
ナーニ、この田舎タワーから見る景色、東京タワーより上だぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

ペットボトルの咲く畑

Dscf4303

 キラキラと朝日に輝くこの花は、言わずと知れたペットボトルです。
別にアート感覚で植えたものではないでしょう。
畑に刺した棒の類は農作業時には非常に危険です。
間違えれば眼を突くこともあります。
そこで徹底的に目立つもの、目の保護にもなるものとして、 恰好の良いものがあったのです。   
不用品利用がアートととってくれる人がいれば幸いですと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

名曲の閃き

Dscf4314
 
 天才的な作曲家はこれを見て曲が浮かびます。
五線に並ぶ雀の消長は正に名曲です。
好天に恵まれた朝は特に雀は活発に移動するのです。
このダイナミックなフォーメーションを脳裏に刻むのは一寸苦労しますが、 これで一曲を物に出きるかと思うと楽しいものです。
どうです?
誰かこれの作詞をして見ませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

熟柿の守護人

Dscf4294
   
 こんな所に案山子なんて要るのかな、と思います。
柿畑なんて近辺にはいくらでもあり、大半は不要とばかりに放置した木ばかりなのに。
それでも熟した柿はカラスが食い荒らしますが矢張り、癪に障りますか。
綺麗に食べていけばいいものを、一寸ずつ、齧ってゆくのは一寸、腹立たしいですね。
Dscf4297そこで不気味な隠し魔除けを。
可愛い人形も何気なくポツンと顔だけ出しているのは見つけた時にはびっくりしますよ。
人面なんてものは悪戯に飾るものではないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

年賀

Dscf3087
   
 皆様、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げますとともに、 皆様の幸せをお祈り申し上げます。
 当ブログも11年目、すっかりアクセス者はスマフォばかりになってしまいました。
当方の体力問題もあって、ネタにも事欠く有様で先行きが案じられます。
その時はその時と、今、頑張れる限りはと思っています。
正月早々、やや暗い話になってしまいましたが、 ブログが続くのも元気な証と思って下さいますようお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月29日 (金)

公園に熊が現る

Dscf4278

 
 またまた、どきっ!!
まさかまさか、この都市近郊の公園に熊が現れるなんて。
この洞穴は熊の巣だったとは知らなんだ。
でも、この熊、なんだかひ弱な、まるで豚のような感じです。
偶然とは言え面白い切り株ですね。
又、背景がそれらしいのです。
これを知っていて、公園管理者は何時までもこのまま放置しているのでしょう。
何時までも、面白がって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月26日 (火)

師走の世知辛い季節です

Dscf4277
   
 どきっ!!
玄関ドアーに貼られたこの文面には色んな思いが掻き立てられます。
深刻な事情の下に、この家を放棄しなければならなかった気持が伝わってきます。
去らねばならなかった理由が己にあるのか、他人にあるのか、 わかりませんが、笑い事ではありません。
それを又、身内か、ご近所の方が、優しく気遣ってくれているのです。
大事に至る前に、ご親切に応えて帰られることをお祈り致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

駅前のクリスマス電飾

Dscf4258
 
 わが町の駅、改札を出れば、’お疲れ様’の輝かしい挨拶。
疲れたサラリーマンは癒されます。
なんせ、この駅は街の玄関ですからね。
毎月ぐらいほっとするイベントをやって欲しいですね。
難しい、疲れるものは駄目ですよ。
Dscf4257_2


商業的宣伝、政治的訴えはご遠慮下さい。
この私に一票を(引っ込め!!)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月20日 (水)

雪吊りも実用からアートへ

Dscf4270
 
 この季節、雪国では豪雪に備えて樹枝をその重みから守るために、
雪釣りと称する枝の縄釣り姿を良く見かけます。
しかし、公園の樹木であるならば、無粋な姿では顰蹙を買います。
そこで考え出されたのが、このツリー状の釣り姿です。
枝を吊る縄を綺麗に等間隔にするという植木屋の感覚です。
でも、この写真は一本の縄も枝と結ばれていません。
雪が少ない所では実質的な枝の保護よりも、 アート的な美観を目的とするのですね。
正月ツリーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

桜も寒かろうとストーブを

Dscf4264
   
 桜の葉っぱもすっかり落ちました。
本格的な冬へ突入と思えば何かと憂鬱です。
これでも雪国に比べればまだ恵まれていると思い、自ら慰めています。
この寒さに震える桜の木に、甚く同情した心優しい(?)人がいたのですね。
ストーブを傍らにそっと置き去った人はどんな人なんだろう。
きっと優しそうな、、、、、嘘付けぇ、
不要機器をこっそりと捨てて行っただけじゃないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧