2017年7月24日 (月)

軽トラ市

Dscf4037
   
 何処にでもある市街地公園です。
今日は何やら賑っています。
ここは日頃は車は禁止です。
今日に限って軽自動車一杯の商品に限ってのフリーマーケットです。
個人的な生産物を定期的に販売する市場です。
あまり関心は無かったのですが、たまたま通りすがりに出会ったもので、 軽い気持でこういう交流も良いものだと思います。
でも、何故、軽トラ限定なのだ、大型トラックじゃ駄目なのか?
当然でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

ビルを見上げるビアガーデン

Dscf4140
   
 ビルの屋上から星を眺めながら飲むのがビアガーデンの常識でした。
今、そんな風流な事ばかり言ってられません。
超高層ビルに囲まれると天空を我が物にするのは難しくなって来ました。
それに、営業的観点から全天候型でなくてはなりません。
それでも、好天の時は天窓を開けるのは、焼き物の排煙のために過ぎません。
釣り提灯の合間から高層ビルが見える光景は、今のビアガーデンを象徴しています。
アートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

湖面を別の景色に塗り替える太陽光パネル

Dscf4032
 以前に、水上発電所として掲載しました。
それの真反対側(他市)より見た光景で、又、趣の異なる光景です。
今は季節柄少なくなったとは言え、水鳥達が、 自分達の居場所が狭くなった事に途惑いを感じているようです。
もっとも、餌場は狭められても止り場は広すぎるくらい大きくなっていますから、 今後はそうなるのでしょう。
Dscf4033
 冬の最盛期になれば、止り場として鳥に覆われてしまうのではないかと思いますが、
それはそれで面白いですね。
良く見ておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

犬は健在だ、舐めんなよ

Dscf4031

 猛犬注意、を暗に匂わせて資材置き場の警護を任せていたのですが、
惜しむべきか、なくなりました。
寂しさもありますが、番犬も必要です。
直ぐに手当てが出来なければ、一時凌ぎも必要です。
そこで縫いぐるみで体裁を整えて見たのですが、 うーむ、一寸、可愛い過ぎます。
もっと、睨みの利くものを持って来ることは出来なかったのでしょうか。
いや、矢張り、本当の番犬を飼うべきですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

旧戦車並みの鉄の塊

Dscf4028


 恰好いいですね。
この色合いが何とも言えない粗大骨董品です。
かっては、最新鋭の土木作業機として風靡したのでしょう。
ペイントはすっかり剥げて完全な鉄錆化粧です。
これが又、何とも言えない味のある風貌なのです。
荒地やゴミ場の放置されていた訳ではない、持ち主の気持も 良く伝わってきます。
アートですよ、こうなれば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

アジサイの丘

Dscf4041
   
 やや、遅くなりましたが、そこそこのアジサイの見所です。
こんな場所は全国にはいくらでもありますが、 整然と植えられているものと違い、漫然と自生したかの様子がいいですね。
勿論、自生という事は無いでしょうが、 合間の雑草の多さも、そんな感じを醸し出します。
本音は人手不足で、そこまで管理が行き届かない事が功を奏しているのです。
(吉良のアジサイ園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

この車、放置の意図

Dscf4022
 
 元々、山間で、車がスイスイと通れるような道路ではありません。
やっぱり、道路脇へ脱輪、そのまま放置。
かなり時間が経っていることは、警告の張り紙でわかります。
内容は、早く撤去を!、と言う事です。
しかし、車のナンバープレートは付いたままですので、 調べれば、持ち主は直ぐにわかるのにと思いますが。
それとも、犯罪性のある車かな。
何時までも晒して置けませんが、どうする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

砂山の向こうに何が?

Dscf4015

 
 大工事より出る土砂の投棄場ですが、
おっさん達がカメラを構えて真剣そのものです。
何かが出没する事が予期出きるからこそ、こうして集まって構えているのでしょう。
望遠で物々しく構えている事はきっと遠方の小動物が狙いと思われます。
それが何だかわかりませんが、ご苦労様です。
私は何時までも付き合ってはおれませんので、せめて、彼らの努力の姿だけを留めて おきました。
写真趣味は覚悟の程を。
(今日はあまり、意味ない冒険でした)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

森閑の中のイルミネーション

Dscf4016_2
 珍しく、鬱蒼とした森に大冒険としゃれ込みました。
と言っても、人跡未踏という夢みたな所ではありません。
誰の所有ともわからない隠し畑があります。
日中は辛うじて日も差し込みますが、日暮れ時は暗いでしょうね。
作物植え込み場所の支持棒は作業時の顔面への危険物です。
危険防止のためにアルミ缶を先端に被せるのは良く見かけます。
もっと、強く見えるようにとアルミホイルで覆ってありますが、 これがキラキラと輝いて森の中の反射灯のように見えるのです。   
暗闇に慣れた目には眩しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

月は中天、日は西に

Dscf4025


 6月初旬
毎年巡る風景とはいえ、中々気付かないものです。
まだ日没はずっと先、太陽は煌々と照っています。
こんな暖かい昼日中、ふと中天を見上げれば、月がぽっかりと。
珍しい事ではないとはいえ、気分は時差ぼけです。
頭は月と太陽で時間的に分け合っているという意識があるのですね。
何とも不思議な気持を抱きながら眺めていると、 数々の想像が沸くは沸くは、、、
でも私の想像物語なんてここに書くほどのものではないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧