2017年9月25日 (月)

エルミタージュの絵画

Dscf4180


 行って来ましたエミルタージュへ、(実は名古屋)
正に名画だらけです。
ルーブルも昔見ましたが、写真の無い時代はこれは名人芸に違いありません。
暗い、宗教的、個人崇拝的で今受けはしないかも知れませんが、 風景画の視角画面の切り取り方は抜群です。
写実派の方は是非、見て置かれると良いでしょう。
真似る必要はありませんが、カメラの性能に頼るのではなく、 独特のアングルを発見する事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

太陽光発電は最早、落ち目産業か

Dscf4177
   
 以前にも掲載した問題のあるソーラーパネルです。
以後、改善されたものと思っていたのですが、 パネルの隙間から生える草木は益々伸び、 本当に発電しているのかと疑問です。
パネルを設置さえすれば、手間は不要と思ったのでしょうか、 それとも採算が取れずにメンテの手抜きを始めたのでしょうか、 いずれにしてもやる気がありません。
売電事業も斜陽かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

何処から来た、このグライダー 

Dscf4166


 空を見上げりゃ、フワフワと遥か彼方からハングライダーが飛んできます。
まず、私のように周りをキョロキョロしてなければ気付きませんよ。
近くの高圧線より遥かに高い位置ですから。
忍耐とスリルのあるスポーツと思いますが、 四方、見渡しても飛び立つような山は見当たりません。
一体、何処から飛んできたのでしょう。
そして、何処へ飛んでゆくのでしょう。
(尾張、三河の中間点にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

虎とカラスの対決

Dscf4145

 
 カラス対策は、本来ならカラスの吊るし姿の筈ではなかったか。
しかし、効果はさっぱり。
暗くて、目立たない。
こんなものにカラスは屁とも思わない。
もっと、けばけばしくて目立つものを
(と、言っても人間的な感覚でしかないが)
と、虎をカラスに対峙させて見た。
少しは効果があっただろうか、それは兎も角、 人間のほうが驚いたでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

ミーラ車

Dscf4139


 ミラーカーではありません、念のため。
竹薮の中に、今にも埋没しそうな車です。
いや、取り出す事の難しい、車のミーラです。
車に拘ったのか、不要な土地に拘ったのか、 その内、車にキノコでも生えるのを待っているのかも知れません。
幽霊茸(銀竜草)なんて洒落にもなりません。
まぁ、この車種当てクイズでもしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

超善意的標識

Dscf4100
 
 本格的な森林ハイキングに参加してみました。
日頃の訓練もなんのその、流石に年を感じさせられました。
息も絶え絶え、出会った看板がこれ。
「深呼吸」、余計なお世話、有難サンです。
ブラックユーモアとも考えられます。
次に出会う看板は何と書かれているでしょうか。
楽しみのようで、不安です。
果たして生きて到達出きるだろうか、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

誰が散らかし、誰が片付ける?

Dscf4136
   
 とあるマンション前の路上です。
ゴミの集積場に残ったゴミは僅かです。
大半は路上に散らばっています。
ゴミを覆う黄色いネットも全く役に立たず、淋しそうに萎れています。
原因はカラスが穿り出し、それを車が蹴散らしていったものでしょう。
何のための集積場だ、何のためのネットだ。
誰が後始末をするのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

動く案山子?

Dscf4137

   
 ’やまだの中の一本足の案山子’
今、こんな童謡を歌おうもんなら、障害者に対する侮蔑だ、と怒られますよ。
(何処から、かは知りません)
作者もそんな意味で作ったのでもなければ、誰もそんな気持で歌っているのではありません。
本意は頑張る気持ち、そしてやがては大成する事実を教えているのです。
それを教え得ない人が言葉尻だけを捕えてけちを付けるのはどうかと思います。
そんな事を気にした訳ではないでしょうが、 ならば、と二本足にして、動きを持たせたのは苦肉の策です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

風力ショベルカー?

Dscf4054

 
 環境に優しく、とばかりに風力を駆使してショベルカーを動かしてみました。
一寸、馬力は劣りますが、まぁ、何とか動いています。
画期的な試みですよ。
今後、移動式の風力発電器を用いた重建機運転は流行るのではないかと思います。
冗談ですよ、こんなもので動く筈はありません。
これは、撮影アングルによる、視覚のあやです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

農作物にこそ傘

Dscf4158
    
 人間様よりも大事な農作物です。
ここに雨除け日除けの傘をささずに何処にさすのだ、と言わんばかりです。
忘れモン、古傘、何でもありったけ集めて来い、と言われて並べて見ました。
んん、
決して安そうな使い捨て用品でもなさそうですが、 駅の忘れ物の払い下げでも集めてきたのかな、と思うような立派な傘が並べられていました。
下手なビニールハウスを作るよりも風情があるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧