« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月30日 (金)

野良猫二態(その二)倦怠

Dscf4024_2
   
 特に暑くもないのに、ぐたー。
全く動く気配がありません。
ん、ん、死んでいるのかなと思いました。
少し脅かせて見ましたら、気だるそうに、ノそっと。
真夏ならば、気分良く木陰で一眠りと言うところでしょうが、 野良の事ですから、ひょっとしたら気分が悪く伸びているのかも知れません。 
この姿を可愛いと見るか、可哀そうと見るかは貴方の猫好き度によります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

野良猫二態(その一)威厳

Dscf4021
 近付いても、一行に逃げる気配はありません。
何の系統かわかりませんが、ライオンを小さくしたような風貌です。
ここは俺の縄張りだ。
何で無断で入ってくるんだ。
猛烈な睨みを利かし、一歩たりとも後退りする気はありません。
人に恐れを為していて野良が生きて行けるか、と言っているんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

この車、放置の意図

Dscf4022
 
 元々、山間で、車がスイスイと通れるような道路ではありません。
やっぱり、道路脇へ脱輪、そのまま放置。
かなり時間が経っていることは、警告の張り紙でわかります。
内容は、早く撤去を!、と言う事です。
しかし、車のナンバープレートは付いたままですので、 調べれば、持ち主は直ぐにわかるのにと思いますが。
それとも、犯罪性のある車かな。
何時までも晒して置けませんが、どうする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

砂山の向こうに何が?

Dscf4015

 
 大工事より出る土砂の投棄場ですが、
おっさん達がカメラを構えて真剣そのものです。
何かが出没する事が予期出きるからこそ、こうして集まって構えているのでしょう。
望遠で物々しく構えている事はきっと遠方の小動物が狙いと思われます。
それが何だかわかりませんが、ご苦労様です。
私は何時までも付き合ってはおれませんので、せめて、彼らの努力の姿だけを留めて おきました。
写真趣味は覚悟の程を。
(今日はあまり、意味ない冒険でした)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

森閑の中のイルミネーション

Dscf4016_2
 珍しく、鬱蒼とした森に大冒険としゃれ込みました。
と言っても、人跡未踏という夢みたな所ではありません。
誰の所有ともわからない隠し畑があります。
日中は辛うじて日も差し込みますが、日暮れ時は暗いでしょうね。
作物植え込み場所の支持棒は作業時の顔面への危険物です。
危険防止のためにアルミ缶を先端に被せるのは良く見かけます。
もっと、強く見えるようにとアルミホイルで覆ってありますが、 これがキラキラと輝いて森の中の反射灯のように見えるのです。   
暗闇に慣れた目には眩しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

月は中天、日は西に

Dscf4025


 6月初旬
毎年巡る風景とはいえ、中々気付かないものです。
まだ日没はずっと先、太陽は煌々と照っています。
こんな暖かい昼日中、ふと中天を見上げれば、月がぽっかりと。
珍しい事ではないとはいえ、気分は時差ぼけです。
頭は月と太陽で時間的に分け合っているという意識があるのですね。
何とも不思議な気持を抱きながら眺めていると、 数々の想像が沸くは沸くは、、、
でも私の想像物語なんてここに書くほどのものではないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

フリースタイル田植え

Dscf4023


 ご当地の田植えは終わったようですが、
これも間違いなく稲ですよね。
私のトンでもない勘違いかなぁ。
普通は升目に並べて植えられているものですが、 これは何という農法なのでしょうか。
先ず、稲の株というものがありません。
これが種の直播方式なのかしら。
収量はともかく、今後の作業能率はどうなんでしょうか。
これも実験か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

ユーカリのバトンタッチ

Dscf4010

 リレー走者のバトンタッチを想像します。
苗木時代に自分を支え、育ててくれたこの支柱を、 用が済み、朽ちかけたからとて捨ててなるものかとしっかりと抱き込んでいます。
へえっ、ユーカリの木もかなり強情な木なんですね。
今更、引き抜く事も間々ならず、しっかりと次世代に引き継ぐべく、 バトンを渡してもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

忽然と現れたバブルの塔

Dscf4013

 
 何時もの見慣れた街なのですが、
あれれ!、
こんなのあったかな?
何が起こったのだ、この発展不能(?)な街に。
宇宙からの飛来物体か?
一寸、大袈裟です。
電波塔のメンテナンスには、こうして周囲をカーテンで覆ってしまうのですね。
これだけでも街の景観は、まるっきり変わってしまうのですから不思議です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

車の表装は遊びですか宣伝ですか

Dscf4007

 
 流石にサイケデリックな柄のものは少なくなりましたが、
派手派手ルックで目立ちたいという輩はなくなりません。
世の中が落ち着いても若者の暴走の発露は収まりません。
(何?、おじさんにも同類がある?、失礼しました。)
当然、遊び感覚ですが、何となく、車の宣伝と言う感じもするのです。
油断も隙もありませんよ。
お仕事そのものが、遊び感覚なのですから。
何れにしても、ドライバーの顔が見たいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »