« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月29日 (日)

藪の晒し首

Dscf3798
    
 またまた、気味の悪い案山子を見ました。
勿論、人形の首ですが、どうも、首と見ればどこかに飾らねば勿体無い、 と思う人が多いようです。
それも、高々と掲げて、見て下さい方式です。
可愛い、カッコいい、脅す、気味悪い、悪趣味、感じ方は各人勝手です。
でも、何のためにこんな事をするのかな、と思います。
こんな脅しで守らなければならないような物は何もなく、単に捨て場が無く、困っただけなのか。
それでも、首ならではの事で、今度は手足でもぶら提げて見たら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

猫への餌、虎視眈々と狙うカラス野郎

Dscf3784

   
 何時ものように猫への餌の宅配がありました。
待ってましたとばかりに、カラスが降り立って取り囲んでいます。
おすそ分けを頂戴するという謙虚な気持は全くありません。
宅配は当然、俺達のものだという考えです。
猫は悠々と追う事もせず、食んでいます。
黒い者同士の好か、優しいものです。
それとも、喧嘩には自信があるのでしょうね。
カラスもオズオズと隙を狙っているだけで、数で襲うという協働能力はなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

カラスによる音符(♪)

Dscf3800

   
 雀の群れの音符はよく見ますが、カラスの群れの音符風景は珍しい。
電線が切れそうです、まさか。
何か、餌を狙っているのでしょうか。
そんな事はありません。
餌になりそうなもの、期待できるものがあれば、恐々でも近付いて囃し立てるのがカラスの特徴です。
死にそうな生き物があれば、突いても殺してしまうのが、カラスです。
意地の悪さでは天下一品の鳥類が、大人しく待っている筈がありません。
何を思案しているのだろうか、一族総引越しの憂き目に会ったのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

二宮金次郎像とポケモンGの関係?

Dscf3832
 
 昔懐かしい石像ですね。
どこの小学校にも必ずあったものでした。
薪を運びながら勉学に励む教育界の象徴でした。
今、こんな事をしたら車に跳ねられますよ。
これを見て、すぐ脳裏に浮かぶのはポケモンGの徘徊人種です。
最近、人気の公園などに行けば、老いも若きも熱中して危ないですね。
この二つ、仕種は似ているものの、内容は全く違いますね。
ポケG人は他にもっと知的な趣味と言うものがないのだろうかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

陰鬱の中の遊び

Dscf3848
   
 ご当地では滅多に雪は積もりませんが、この度は全国的な寒波で、
二日続きの積雪となりました。
交通は乱れるやらで生活にも影響がでました。
こんな陰鬱な中でも、幸い土日と言う事で子供は大はしゃぎです。
すぐに思いつくのは雪だるまです。
ありふれた二つ玉だるまは一杯ありましたが、 これは少し芸術的感覚を生かしたものでした。
折角のチャンス、子供達もこうあって欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月16日 (月)

始まった川鵜の巣作り

Dscf3846
   
 年始のやっと来た川鵜軍団に引き続きの光景です。
相変わらず木々を白く塗り潰していますが、 よく見るとあちこちで、細い小枝を丸めて巣らしいものを作っているのです。
部分的に見るとカラスの巣作りと見間違う感じです。
でもカラスと大いに違うのが、なんと言っても場所が森の高木の天辺ではありません。
水際の葉の落ちた空け空けの低潅木の、それも真白に塗りたくった木です。
巣まで真白です。
ここへ黒い鳥なんですから目立ちますが、 出島の水際と言う所に意味があるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

これで恐竜の脱出を防げるか

Dscf3787

あんな簡単な板塀で脱出を防げるわけがないでしょう。
象でも簡単に蹴破りますよ。
その何倍も大きな怪獣なんですから。
吼え声さえも地鳴りのように響きます。
ここは一体、どこの秘境地なのでしょう。
Dscf3808
 今や県立公園といえども集客に必死です。
自然保護の声を尻目に経費捻出に安閑であってはなりません。
色々な意見の折衷案として、こんなイベントもしなければならないのです。
(大高)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

車の屋根で暖を取る

Dscf3795
   
 おう、兄弟、今日も寒いな。
こう言う日は、主の車の上で、日向ぼっこをするに限るよ。
ここなら暖かいのだが、時々、主に叱られるのが腑に落ちないんだ。
何も悪い事はしていない心算だが、これって、そんなに大事なものなのかな。
 こんどは変な人が睨んでるよ。
何かをこちらに向けて、俺たちに危害を加える心算なんだろうか。
どうも安心して昼寝もできないね。
ここって、そんなに変な場所なのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

草葉に潜む魔神

Dscf3785

 森に潜む魔神の首ですね。
彫刻の残骸か、植木鉢の心算か、 こんなのが良く見受けられます。
只、ここでは無造作に捨てられた感じ以外の何物でもありません。
待てよ、この方が、かえって、想像力を掻きたてるという計算かも知れません。
ギリシャ神話に出てくるような妖怪です。
不法侵入に睨みを利かしているのかも知れません。
もう私も催眠に掛かっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

やっと来たか、川鵜軍団

Dscf3817

 
 冬の水鳥のあらかたが揃ったというのに一番の軍勢が揃いませんでした。
毎年、1,2月はこの鳥で、この池(勅使池)は独占されるのではと思うぐらいです。
しかし、今日、到着しました。
早速、独特の翅拡げポーズです。
お疲れさん、と言いたいのですが、 周りの木は真白です。
かなり以前からここに巣食っていたんですね。
これから一挙に増えるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

新春のお慶びを申し上げます。

Dscf3812

 
 このブログも10年目を過ぎました。
掲載文は2,800ページぐらいになったと思います。
検索される人の端末もPCからスマートフォンに変わってきました。
見て頂ける層が広がるのは有り難いのですが、コメントはありません。
偶然にヒットしただけかも知れません。
筆者も何か新しい事を考えなければと思うのですが、状況は悪くなるばかりです。
きりも良いので、ネタ切れをもって、終りと思っていますが、冒険的な散策はまだ終わりません。
新年を迎える度にこんな事を考えるのは歳か?
皆様、良い年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »