« 猿猪に次いで鷲よ、お前もか | トップページ | 名古屋の街のクリスマスイベント »

2015年12月19日 (土)

工事現場の大麒麟といえば

Dscf3171   
 時々見ますね、こんなデザインを。
長首の恐竜であったりしますが、やはり麒麟のデザインが多いです。
当然、形状からして順当な発想でしょう。
殺伐たる解体現場のイメージを少しでも和らげようと遊び心を取り入れたのは、 矢張り、現代人のスタッフがいたからでしょう。
昔なら、ふざけんなの一声でしょうね。
身を張って働く神聖な現場に遊び心とは何事ぞ、と。
進化する最近の工業用ロボットだって、 人間の姿に近いものでなければ受け入れられないムードなんですよ。

|

« 猿猪に次いで鷲よ、お前もか | トップページ | 名古屋の街のクリスマスイベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194582/62894180

この記事へのトラックバック一覧です: 工事現場の大麒麟といえば:

« 猿猪に次いで鷲よ、お前もか | トップページ | 名古屋の街のクリスマスイベント »