« やはり来ましたね、梅林のカメラマン | トップページ | カラクリ寺 »

2015年3月20日 (金)

玄関先の仏像何を語る


Dscf2852_2 信心篤い人の仏像の安置は見ないことではありませんが、
児子を抱く観音像は何か特別な思い入れがあるように思います。
かっては、こんな像は病院の玄関先でよく見掛けたものでしたが、 昨今は嫌われる風潮があって、見えない所へ退避させられる例が多いようです。
一般住居の庭先に、わざわざ、この像を設置するには、きっと悲しい事情があったのでしょう。
信仰に安らぎを求める気持がこうさせたと想像します。
御心、安らかに。

|

« やはり来ましたね、梅林のカメラマン | トップページ | カラクリ寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194582/61305425

この記事へのトラックバック一覧です: 玄関先の仏像何を語る:

« やはり来ましたね、梅林のカメラマン | トップページ | カラクリ寺 »