« 車のナンバープレートへの強い拘り | トップページ | 土蔵に匿われた雛人形 »

2015年3月11日 (水)

伊吹降ろしを真に受ける天守閣

Dscf2848_3


 伊吹山を仰ぐ犬山城はこんな関係にあったのだ。
木曾三川を挟み大きな山脈がないものですから、若狭湾の寒風を真っ当に受けてしまいます。
普通は互いの位置から相手を撮るぐらいしか知恵は回らないと思うのですが、
今回は第三者的位置(成田山)よりこの両者の位置を測ってみました。
 かっこいい!、と言いたいのですが、 たまたま成田山へ上ったところで、このアングルを発見したのです。
何となく天守閣が背を反らして伊吹山を仰ぎ見てるって感じがするのですが、
これは錯覚でしょう。

|

« 車のナンバープレートへの強い拘り | トップページ | 土蔵に匿われた雛人形 »

コメント

つっかんさん

 伊吹山と犬山城のバッチリいいアングルですね。
犬山城の右斜め下はひょっとして岐阜の金華山(稲葉山城)ではないでしょうか?
もしそうなら、この撮影場所は 「伊吹山と二つのお城」 という絶好の撮影スポットとして三脚が並び出しますよ。

投稿: ミーさん | 2015年3月12日 (木) 20時48分

ミーさん
どうやらご指摘の通り金華山のようですね。
全く気付きませんでした。
この辺が地理の疎さか、
そうと、わかっていたら、もう少し焦点の当て方を工夫したものを、
好天の日に誰か挑戦してみてはどうでしょう。
いいテーマと思いますが。

投稿: つっかん | 2015年3月12日 (木) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194582/61259655

この記事へのトラックバック一覧です: 伊吹降ろしを真に受ける天守閣:

« 車のナンバープレートへの強い拘り | トップページ | 土蔵に匿われた雛人形 »