« 玄関先の仏像何を語る | トップページ | 桜にも勝る、もくれんの花 »

2015年3月23日 (月)

カラクリ寺

Dscf2859_4  定時になると舞台が開き人形劇が始まります。
まぁ、似たようなものは世界でも見ることが出来ます。
時報代わりに定時に時計台が開き、その町の歴史的物語を演じるところなんかよく見ます。
これも、そんなものを真似て町の名物作りに協賛したものでしょう。
写真の「松の廊下もどき」がご当地とどんな関係にあるのか、そんな歴史には疎いですが、
いや、背景を無視すれば、これは織田信長ですか。
いずれにしても、時を経れば新たな名所になるかも知れません。
但し、ここは歴史あるお寺ですよ、商魂逞しいですね。
(名古屋、大須)

|

« 玄関先の仏像何を語る | トップページ | 桜にも勝る、もくれんの花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194582/61321301

この記事へのトラックバック一覧です: カラクリ寺:

« 玄関先の仏像何を語る | トップページ | 桜にも勝る、もくれんの花 »