« 白昼に、まさかのイタチ(鼬)が | トップページ | シロニセトマヤタケ »

2014年9月13日 (土)

沼底より現れた花壇

Dscf2471  台風の衛星写真?ではありません。
水位を下げた池の底より忽然と現れた昔の花壇?、これも違うな。
円形に盛り上がった山である事が大いなるヒントです。
縞模様の素材は粘土と堆積した花粉でしょう。
元々土砂の投棄のよって山が出来ていたところに、数日の時間を掛けて、水位を下げて行くうちに、水面の波が作り出した浮遊物の紋様です。
砂浜の波形のようなものです。
何でも関心を持って見ていれば大きな地形形成の発見にも繋がるのです(??)。
大胆な仮説が発見に繋がる、これが空想と現実の境界を彷徨う醍醐味なのです。
今日は少々 -OH が多かったかな。

|

« 白昼に、まさかのイタチ(鼬)が | トップページ | シロニセトマヤタケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194582/60303885

この記事へのトラックバック一覧です: 沼底より現れた花壇:

« 白昼に、まさかのイタチ(鼬)が | トップページ | シロニセトマヤタケ »