« ミステリーサークルその後 | トップページ | 神出鬼没のマンネンダケ  »

2014年8月27日 (水)

ほぼ名指しの警告文

Dscf2496  ’期日までに盗品の返却がなければ顔写真を公開するぞ、’ とブログで脅し続けた骨董品屋の話が先日、新聞を賑やかしましたね。
皆さん覚えていらっしゃいますでしょうか。
なれば結果もご存知の事と思います。
そこまでシビアーでなくとも、それに近い例を見つけたのです。
犬の糞の始末に関する何とも次元の低い問題ではありますが、 犯人よ、反省がなければ次なる手段を取るぞ、
’という強い意思の有りようでは同じです。
目撃されていたなら仕方が無いと思えども、飼い主は今後、ちゃんと始末する、今まで通り無視する、もうここは通らない、貴方はどれに賭けますか。
結果まで発表されないでしょうね。

|

« ミステリーサークルその後 | トップページ | 神出鬼没のマンネンダケ  »

コメント

つっかんさん

 私は ③のもうここは通らない。に賭けますね。
①の始末するは警告文の軍門に屈するようでケッタクソ悪い。
②の無視する程の度胸は無い。 さすればどうなるか?
変更した新コースで同じ事が起こり、不要になった前コースの警告看板をリサイクルする仲介業者が現れ設置する。又コースを変更しそして仲介業者が追っかけ・・・エンドレスやな。

投稿: ミーさん | 2014年8月28日 (木) 11時43分

ミーさん
 それが順当な答えと私も思いますが、
指摘されると尚も意地っつうもんもあるしな。
これは私の事ではないと、惚ける事も可能だな。
まあ、嫌犬人口を増やさんためにも自重した方がええやろ。
我が家の周辺にも時々あるが、
先ずは近所の者ではない事は確かや。

投稿: つっかん | 2014年8月28日 (木) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194582/60218940

この記事へのトラックバック一覧です: ほぼ名指しの警告文:

« ミステリーサークルその後 | トップページ | 神出鬼没のマンネンダケ  »