« 深刻さを訴えて同情を買う | トップページ | 出て来ましたね、一斉に亀が »

2014年5月17日 (土)

何のための道標

Dscf2355_2  この石灯籠はどこの参拝道に続くのだろうか、遥か彼方に神社らしき杜が見えますが、まさかその延長ではありますまい。
遥かに離れてポツンと一基、どうしてこんな所まで一人歩きして来たのだろうか、謎めいた灯篭です。
??ひょっとしたら、
背景に数本の木が、これがかっての個人的な社だったのだろうか、ありそうな事です。
しかし、今はここはゴミの山です。
ゴミ捨て場を守るための石灯篭に成り果てたのだろうか。
周囲は畑です。
時代に取り残された哀愁を感じます。

|

« 深刻さを訴えて同情を買う | トップページ | 出て来ましたね、一斉に亀が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194582/59653732

この記事へのトラックバック一覧です: 何のための道標:

« 深刻さを訴えて同情を買う | トップページ | 出て来ましたね、一斉に亀が »