« こんどは枯れ木杭に花が咲く | トップページ | 風雨に耐えた生でない首 »

2013年11月 5日 (火)

鉄の照る照る坊主

Dscf2180  こう雨が続けば、その都度テルテル坊主を作っている訳には行きません。
ならばと鉄片で作って恒久化を計って見たのがこの鉄製坊主です。
わざわざ鉄を切り刻んで作るならばこんな恰好でなくても良いのに、
もっと、xxらしいものを作れば面白いのにと思います。
これならば、その都度紙をまるめて作った方がxxらしくて可愛いのではないでしょうか。
それ以前にこんなものを恒久化すれば何時、神通力を発揮すれば良いのかわかりません。
又、手間隙掛けた割にはデザインが幼稚過ぎるのも気になります。
紙片と思っていて、頭に当れば危ないですよ。
何の商売か知りませんが、そんなに雨が嫌いですか。
あ、そうか、叩いて訪問を知らせる鐘だったんですか。

|

« こんどは枯れ木杭に花が咲く | トップページ | 風雨に耐えた生でない首 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194582/58514329

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄の照る照る坊主:

« こんどは枯れ木杭に花が咲く | トップページ | 風雨に耐えた生でない首 »