« 鉄の照る照る坊主 | トップページ | すごいって、すごいですね  »

2013年11月10日 (日)

風雨に耐えた生でない首

Dscf2181  長らく風雨に耐えて耐え抜いて既に毛は朽ちんとしていますが、
しかし、顔の容貌が崩れなければどこまでも美形です。
だからこそ地主も何時までも捨てるに捨てられず、目立つところに置いてあるのでしょう。
或いは残酷性を楽しむエロチシズムに酔っているのかも知れません。
日に日に崩れ行く容姿を待ってわざと放置しているとしか思えません。
でもねぇ、これを何故大勢の人目に晒そうとするのか、その心がわかりません。
或いは気味悪さを意識して、これをもって心理的に防犯に役立てようとしているのかも知れません。
そうでしょうね、そうでなければ、こんな事をしていれば気違い扱いされますよ。
いやもう、どっち側からどっち側へ気が乗り打つっています。
恐ろしや。

|

« 鉄の照る照る坊主 | トップページ | すごいって、すごいですね  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194582/58540986

この記事へのトラックバック一覧です: 風雨に耐えた生でない首:

« 鉄の照る照る坊主 | トップページ | すごいって、すごいですね  »