« 終日のったり絵画の候 | トップページ | 電柱に結い着けられた花束 »

2013年5月 9日 (木)

廃線路トンネル散策

Dscf2007  世はゴールデンウィーク、天候にも恵まれ観光地はるんるんです。
私は行政区の仕事を引き受けて以来、遠征はひたすら控え、会議、役所めぐりの毎日です。
それでは己に申し訳ないと、忙中閑を狙って近場の廃墟巡りでもと考え、現中央線沿いの旧愛岐トンネル群を散策してきました。
物珍し屋の懐古趣味編と思ってください。
近代産業への基とはいっても、廃線になって久しく、藪の中に埋もれたいたものを掘り起こした跡は歴然です。Dscf2005 Dscf2001
坑門の真ん中に大木が立ち塞がり、トンネルの天井にはスズメバチの巣玉がぶら下がっている所なんぞ、まさに時間の経過を感じます。

|

« 終日のったり絵画の候 | トップページ | 電柱に結い着けられた花束 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194582/57338644

この記事へのトラックバック一覧です: 廃線路トンネル散策:

« 終日のったり絵画の候 | トップページ | 電柱に結い着けられた花束 »