« 花見前の大手術 | トップページ | 竹薮の中の炭工房 »

2013年3月29日 (金)

降り注ぐ視線

Dscf1930  春が来た、といえども未だ新芽の乏しいこの雑木林です。
先ほどから何となく頭上に空気の動きを感じるのですが、突然、視線が合っしまうのが怖くて、ひたすら耳に神経を集中し、相手の出方を伺っているのです。
相手は一向に動いてきません。
持久戦は勝てそうも無く、思い切って上を見上げましたら、目玉模様が木に掛かっていたのです。
諦め切れない魂が僅かな空気の振動を起こしていたのを私は感じていたのだろうか。
うーん、こんな紋様の蛾がいましたね、でも、こんなに大きく色鮮やかな蛾がいればそれこそ生物界の珍百景です。
頭上より降り注ぐ視線は無念の子供の気持ちだったのですね。

|

« 花見前の大手術 | トップページ | 竹薮の中の炭工房 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194582/57051199

この記事へのトラックバック一覧です: 降り注ぐ視線:

« 花見前の大手術 | トップページ | 竹薮の中の炭工房 »