« 何を狙うかこのミニ虎 | トップページ | わが町のモニュメントバレー   »

2013年2月15日 (金)

またまた難解な酒の銘柄「吾惟足知」

Dscf1826_2  又、難しい銘柄を頂きました。
こういうのを遣れば喜ぶような奴だ、と心を読まれてしまったようです。
しかし、銘柄にひらがなを打たなければならないとは、一寸、懲りすぎです。
読み方がわかったので、もう意味はわかるでしょう、といわれても、 酒の銘柄としてこんな事を書かれては迷いますね。
如何なる味でも旨いと思って満足するのですよ、と騙されているのか、
これを旨いと思わぬ者はないという自信の表れか、
貴方はどう解釈しますか?
怪しげな文面と思いますか、高級な文面と思いますか。
  本当の味は利いておきます。

|

« 何を狙うかこのミニ虎 | トップページ | わが町のモニュメントバレー   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194582/56766489

この記事へのトラックバック一覧です: またまた難解な酒の銘柄「吾惟足知」:

« 何を狙うかこのミニ虎 | トップページ | わが町のモニュメントバレー   »