« 藁家の住人 | トップページ | 干上がり池の餌さらい   »

2013年1月14日 (月)

PETボトルの新たな用途

Dscf1703  資源ごみとして排出されるペットボトルを集めに集めたものです。
ここにあるのは、それを繋ぎ合わせてトンネルハウスを作っただけのアート作品ですが、 これから色んな示唆に富んだ用途が見て取れます。
よく見られる農業用ビニールハウスよりは断熱性がある事です。
壁面は空気を包含したセルを単位とした構造物であるから当然でしょう。
透明性、強度、断熱性をそこそこ保持した安易な閉空間の材料としては格好のヒントとなる物ではないでしょうか。
費用を安くするにはこのようにペットボトルをこつこつ集めるか、 工業製品としてはじめからセル構造を持つ平板状のビニール膜を作れば、 見場的にももっと綺麗なものが出来ると思います。
要は包装用のプチプチの大きなものを作ることで、用途は多いと思いますが。

|

« 藁家の住人 | トップページ | 干上がり池の餌さらい   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194582/56532532

この記事へのトラックバック一覧です: PETボトルの新たな用途:

« 藁家の住人 | トップページ | 干上がり池の餌さらい   »