« 残り柿シリーズ(①終わり柿に見栄を切る) | トップページ | 残り柿シリーズ(③まだまだ終りぬ柿の収穫) »

2012年12月18日 (火)

残り柿シリーズ(②早まるな、貴女の念力で甘柿に)

Dscf1780  一寸待て、柿は貴女を待っている。
早まっては駄目ですよ。
吊るんならもう少し大きな枝を選びなさい、そんな問題ではない。
柿が一つ又、一つと落ちて行くのを見るのは寂しく気の落込む事もあり、鬱になる人もいるでしょう。
しかし、残り少ない柿は貴女をずっと見守っていますよ。
甘くなって人のお役に立つまでは腐って落ちては駄目とばかりに細枝にしがみついて頑張っているのです。
ここで貴女が落込むと私たちも腐って落ちます。
陽気に振舞ってくれると私達はどんどん赤く甘くなります。
貴女の魂は個々の柿の中に宿ります。
命を粗末にしないで下さい。

|

« 残り柿シリーズ(①終わり柿に見栄を切る) | トップページ | 残り柿シリーズ(③まだまだ終りぬ柿の収穫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194582/56339200

この記事へのトラックバック一覧です: 残り柿シリーズ(②早まるな、貴女の念力で甘柿に):

« 残り柿シリーズ(①終わり柿に見栄を切る) | トップページ | 残り柿シリーズ(③まだまだ終りぬ柿の収穫) »