« 残り柿シリーズ(③まだまだ終りぬ柿の収穫) | トップページ | 独り楽しむささやかな柚子風呂 »

2012年12月22日 (土)

残り柿シリーズ(④1つたりとも鳥の餌になんかするものか)

Dscf1774  残り少ない実の柿の木にペットボトルや使い古したCDなどがぶら下げてあります。
これじゃ、まるで猫追いかカラス追いの体制じゃないですか。
木の天辺だからカラスをはじめとする鳥追い対策なんでしょう。
果物は最後は自然の神への感謝として鳥さん達、寄ってらっしゃい食べてらっしゃい、と鳥の餌としてわざわざ残して馳走するという話を昔はよく聞いたものですが、
今では何を馬鹿なと取り合ってくれない世知辛さなのです。
日頃、畑を荒らす憎っきカラスなんぞに一つだって遣る必要はない、という態度です。
確かに熟して柔らかくなった柿はあちこちと食い散らかされた木も見受けますが、
可愛い小鳥たちも今から子育てとばかりに楽しみに寄って来るものも多い中、
大らかな気持ちで歓迎するゆとりが欲しいものですね。

|

« 残り柿シリーズ(③まだまだ終りぬ柿の収穫) | トップページ | 独り楽しむささやかな柚子風呂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194582/56365590

この記事へのトラックバック一覧です: 残り柿シリーズ(④1つたりとも鳥の餌になんかするものか):

« 残り柿シリーズ(③まだまだ終りぬ柿の収穫) | トップページ | 独り楽しむささやかな柚子風呂 »